UT-CBELのウェブサイトへようこそ!

DSC01624

UT-CBEL(The University of Tokyo, Center for Biomedical Ethics and Law) では、以下のような研究・実践に取り組んでいます。

  • ライフサイエンス・医療技術が社会にもたらす様々な倫理的・法的・社会的諸問題(ELSI: Ethical, Legal and Social Issues)に関して学際的に研究
  • 国内外の研究拠点と連携し、質の高い国際ネットワークを形成
  • 政策、研究、臨床の実践の場に適した教育プログラムを提供

今後リーダーシップを発揮して国際的にも活躍できる高度な人材を養成し、次世代の国際標準となる生命・医療倫理の教育・研究拠点を創成することを目的としています。


UT-CBELは、平成20年度文部科学省グローバルCOEプログラムおよび東京大学大学院医学系研究科の支援を受けて設立された、生命・医療倫理を専門分野とするわが国でも数少ない教育研究拠点のひとつです。

東京大学グローバルCOEウェブサイト
拠点概要:CBEL

日本学術振興会グローバルCOEプログラム「次世代型生命・医療倫理の教育研究拠点創成」(PDFファイル

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.