Menu
CBEL Schedule
掲載中の案内はありません
Calendar
前月2018 November翌月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<Today>
トップ  >  CBELとは  >  スタッフ紹介  >  瀧本 禎之

 


瀧本禎之(たきもと よしゆき) 写真瀧本禎之(たきもと よしゆき)  医学系研究科准教授

専門:臨床倫理学、心身医学、内科学

研究領域:倫理コンサルテーション、臨床倫理教育、摂食調節機構、行動科学

学歴・職歴:

2004年3月、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士。生命医療倫理人材養成ユニット特任研究員、東京大学医学部附属病院心療内科助教、特任講師(病院)を経て2012年12月より現職。2013年より東京大学医学部付属病院患者相談・臨床倫理センター センター長。


自己紹介:

臨床場面における倫理的問題について、解決方法をめぐる実践的なアプローチ方法と共に、それを支える理論的な側面からの研究を行っています。とくに、失われがちな医療関係者の視点から、現場での使用に耐えうる実践方法と理論を構築することを目指しています。(1)医療関係者による特定の臨床場面におけるより良い倫理的意思決定方法(2)医療関係者の倫理的意思決定を支援する枠組み、の2点に重点をおいて検討しています。臨床倫理コンサルテーションについて、国内外の動向を踏まえつつ、医療関係者にとっても受け入れやすいアプローチ方法を提起したいと考えています。

医学生や医療関係者に対する臨床倫理教育について、これまで多く語られがちであった学者の視線からではなく、実際医療現場に身を置いている者の立場から、必要な臨床倫理における知識を提供することを試みています。とくに(1)最低限必要な倫理・法律の知識の選別(2)徳倫理の立場からの医療関係者に必要な徳のリストアップ(3)効率的な教育方法などについて研究を進めています。


主要業績:

論文



  • 瀧本禎之 「終末期医療領域のわが国のガイドラインのレビュー」 緩和医療学 2009;11:3-11

  • 瀧本禎之, 赤林朗 「プライマリ・ケアにおける医療倫理」 治療 2009;91:28-31

  • 瀧本禎之, 赤林朗 「リハビリテーションにおける臨床倫理」 総合リハビリテーション 2008;36:561-566

  • 瀧本禎之 「医療水準と説明義務の範囲―乳房温存療法」 病院 2006;65:670

  • 長尾式子, 瀧本禎之, 赤林朗, 白浜雅司, 大林雅之, 森下直貴, 庄司進一 「日本の卒後臨床研修における倫理教育の現状」 医学教育 2006;37:215−220 

  • 長尾式子, 瀧本禎之, 赤林朗 「日本における病院倫理コンサルテーションの現状に関する調査」 生命倫理 2005;15: 101-106


著書



  • 瀧本禎之 『小児科学』 医学書院 2008年「小児科学に関連した重要事項―インフォームド・コンセント」「小児科学に関連した重要事項―倫理」p280-286

  • 瀧本禎之, 赤林朗 『糖尿病学』 西村書店 2007年 「糖尿病における臨床倫理」p847-850

  • 瀧本禎之, 赤林朗 『心身症の診断と治療―心療内科 新ガイドラインの読み方』 診断と治療社 2007年 「専門医へのコンサルトのタイミング」 p78-80

  • 瀧本禎之 乾明夫 『ホルモンハンドブック』 南江堂 2007年 「膵ポリペプチド」

  • 瀧本禎之 『インフォームド・コンセント - その理論と書式実例』医学書院 2005年 「説明と同意文書の記載方法」「要件を満たさない文書の実例」p16−40

  • 瀧本禎之 『内分泌・代謝学』 メジカルビュー社 2005年 「食欲不振」p390-393


 

プリンタ用画面
友達に伝える

CBEL on Twitter

このTwitterのログはTwilog

Google Search
Google

WWW を検索
CBELサイト内検索
HPデザイン選択

(7 テーマ)

東京大学 生命・医療倫理教育研究センター UT-CBEL事務局 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 (東京大学医学部3号館) Email: cbel-adm@umin.ac.jp
    Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project