2015 生命・医療倫理セミナー終了!

9/4-6の三日間、CBELでは生命・医療倫理セミナー(ベーシック)を開催いたしました。去年までの入門コースの内容を全面改訂し、CBELスタッフとしてもひとつの挑戦であったこのセミナーですが、受講者の皆様に積極的に参加していただけたこともあり、非常に充実したセミナーとなりました。

初日には、セミナー全体のイントロダクションから、「倫理の基礎」「倫理理論」「医療倫理の四原則」といった講義、さらにそれぞれにグループ・ディスカッションが行われました。

DSCF0510 DSCF0524

写真1(上):講義を行う瀧本(准教授)

写真2(下):講義を行う中澤(助教)

二日目には、初日の基礎的講義をふまえ、「法と倫理」「公衆衛生倫理」「研究倫理」といった講義が行われました。そしてもちろんグループ・ディスカッションも欠かせません。普段の医療現場からは少し遠い内容であったものの、受講者の皆さんは強い関心を持って耳を傾けていました。また二日目の夜には懇親会が開かれ、CBELスタッフとの間のみならず、受講者間でも熱い議論と情報交換がなされていました。

DSCF0549 DSCF0580

写真3(上):吉田(特任研究員)による講義の様子

写真4(下):山本(特任助教)による講義の様子

DSCF0581

写真5:懇親会で挨拶をする瀧本(准教授)

最終日たる三日目には「臨床倫理」講義、および倫理コンサルテーションを題材として最も密度の高いディスカッションが行われました。鋭い倫理的なディレンマにどうやって取り組んでいったらよいか、受講者のみなさんの試行錯誤と活発な議論は非常に集中力の高いものでした。

DSCF0630
写真6:三日間にわたる講義ももうすぐ終了!

CBELでは今後、この基礎コースをさらに発展させる内容を持つ、「研究倫理」「臨床倫理」「公衆衛生倫理」の三つの応用コース(アドバンスド・コース)を準備しております。ぜひそちらにもご参加いただき、よりいっそうの勉強の機会としていただけましたならば幸いです。また基礎コースは来年度も開催を予定しております。今年参加いただけなかった方は、来年度のご参加を心よりお待ちしております!