国際ネットワーク(GABEX)

国際ネットワークの構築:
米国ヘイスティングス・センター、国立衛生研究所(NIH)、ペンシルヴァニア大学、ケース・ウェスタン・リザーブ大学、 英国のオックスフォード大学、ノルウェー王国立ベルゲン大学、豪州のモナシュ大学、シンガポール国立大学、独国ミュンヘン大学など、世界の主要な生命・医療倫理研究拠点と連携することにより、若手研究者を中心とした国際的な人材の流動化を促し、研究・教育の国際標準化を図ります。


GABEX連携拠点


国際教育フェローシップ

GABEXプロジェクトの一環として、国際フェローシップ制度を実施しています。東京大学の若手研究者を海外連携先の研究拠点に派遣し、諸外国の第一線級の研究者による指導の下、在外研究に従事する機会を提供します。また諸外国からも若手研究者を特任研究員として受け入れます。海外からの特任研究員のレポートはこちら(英文)。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.