山本 由加里(Yamamoto Yukari)

【特任研究員】

専門:
医療倫理学、公衆衛生学、産業看護学

研究領域:
臨床倫理コンサルテーション、患者相談、産業看護における倫理的課題

学歴・職歴:
東京医科歯科大学医学部保健衛生学科 看護学専攻 卒業。病棟看護師、産業保健師として勤務した後、2012年 東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 修了(公衆衛生学修士)。2014年より現職。2017年 東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻博士後期課程 単位取得退学。

自己紹介:
 通常の医療における倫理的課題やそれに対するアプローチと重なる部分はあるものの、地域や職域ならではの倫理的課題があります。自身の臨床経験に加え、公衆衛生大学院で学んだ知識と医療倫理学の知識を統合し、そうした課題にどう対処すべきかを提示できたらと思っています。現在は博士論文として、産業看護職による健康関連情報の取り扱いについて調査研究を進めています。
 また、東京大学医学部附属病院の患者相談・臨床倫理センターにて、臨床倫理コンサルタントとしての活動、および病院患者相談窓口業務に関する研究をおこなっています。現場への敬意を常に持ちつつ、研究を通じてよりよい医療の実践に貢献したいと考えています。