児島 博紀(Kojima Hironori)

【特任研究員】

専門:
倫理学、教育学

研究領域:
正義論、機会の平等論

学歴・職歴:
2016年3月、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。2017年4月より現職。

 

自己紹介:
これまで20世紀米国の哲学者ジョン・ロールズの正義論を中心に研究してきました。とくにロールズ正義論の平等主義的な側面を再検討するとともに、その応用として教育における機会の平等について考察してきました。教育の機会は平等に保障されるべきだという意見には多くの人が同意するはずです。しかし、より深く考えると、教育機会の保障とは正確には何をどこまで保障することなのか、平等の追求は本当に望ましいのか、あるいは、平等の追求は自由などの他の重要な価値の追求と両立するのかといった疑問が思い浮かんできます。こうした規範的な論点を念頭に置きつつロールズ正義論を再検討し、まっとうな教育制度・政策のあり方について考察を行ってきました。今後は、視野を医療制度・政策に広げつつ上記のような規範的問題を考察するとともに、医療や臨床をめぐる倫理的課題に幅広く関心を持って取り組んでいきたいと考えています。

◆リンク→researchmap